Photo / Satoko Kaneko

長年住み続けた戦前の長屋を取り壊し、家族4人の住まい+ジュエリー工房アトリエに改築しました。 5.4mの公道と、2.7mの二項道路(私道)からなる角地のため、長手に70cmのセットバックと2mと隅切を迫られ、建蔽率、容積率を最大限使用し、出窓、天空率を使用して体積を目一杯確保しています。 狭苦しさから解放されるよう限られた条件とコストのなか、アトリエ工房、長屋では叶わなかった個室を確保し、明るくのびやかなLDKを中心とした家となりました。

上目黒の家

【用  途】専用住宅

【敷地面積】39.41㎡

【延床面積】78.17㎡

【構  造】木造

【規  模】地上3階

【所 在 地 】東京都目黒区

【竣工時期】2010年5月

【掲載雑誌】建築知識 No.690